色々な中古重機の買取相場はいくらなの?

様々な中古重機の買取相場はいくらなの?

中古重機といっても様々な形状があります。
その中でミニショベル、アスファルトフィニッシャー、ホイールローダーなどの買取相場に関してご紹介させてもらいます。

 

実際の査定額はその時点での需要に左右されますから、あくまでも目安的な数字を挙げておきます。

 

ミニショベル、ホイールローダーなどの買取相場とは?

 

中古重機買取相場としてまずは油圧ショベルについてご紹介します。

 

油圧ショベルの買取相場を挙げれば、それぞれにより
数十万から数百万の例があります。 

 

概して稼働時間(アワーメーター)が短い方が高く買取される傾向があります。
さらには車体の状態(キズやサビ、劣化など)でも左右されやすくなります。

 

これは他の中古重機買取相場に関しても同様のことが言えるますので、知っておいて欲しい知識になります。

 

ミニショベルの中古買取相場を挙げるのであれば、平均して50万円ほどといったところです。

 

もちろんミニショベルでも状態が良く稼働時間(アワーメーター)が少なければ高くなりやすくなります。

 

次に、
中古のホイールローダーであれば、その査定額は100万円台や200万円台という場合が多いようです。

 

ただし、100万を下回るケースもあり状態如何では安い場合もありうると言う他ありません。

 

 

クローラーキャリアであれば、その中古買取相場は小型のオープン式のものなら50万ほどで大型であれば100万円台や200万円台です。

 

最新式のものであればその倍以上の査定額ともなるでしょう。

 

ここで言えるのは、中古の重機でも査定してもらうことで価値があるということが言えます。
ですが、年式やアワーメーター、劣化やサビなどにより査定金額は安くなってしまうことがあります。

 

もし、使用しないミニショベルやホイールローダー、クローラーキャリアなどがあればサビや劣化しない内に早めに査定してもらった方が良いと言えまます。

 

中古重機の査定額でも需要の影響を受けやすい?

 

中古重機買取相場でグレーダーに関しては、その平均査定額は300万ほどです。

 

元が数千万もするものですから、買取価格の桁が大きくなるのも当然と言えます。

 

アスファルトフィニッシャーもその買取相場はグレーダーと同じくらいです。

 

タイヤローラーであれば買取相場は200万ほどで、ロードローラーも100万から200万ほどといったところです。

 

その中で、中古重機や建機の査定額はその需要にも影響を受けるということを知っておいて下さい。

 

例えば災害などで復興を行う上で重機は必要になってきます。
その時には需要も増えますので、一時的ではありますが買取価格が上がる場合もあります。

 

そのため中古重機買取相場そのままの値段が付くことは稀であると捉えた方がいいです。

 

ですので、一つのポイントとして
需要を多く抱えた買取業者ほど高い値付けをしてくれやすいことを挙げておきます。

 

コレクションのために重機を買い付けしているわけでなく、欲しがる人に売るためではあるからです。

 

そのため、販路を広く持った業者を当たってみるのが得策と考えられます。

 

 

中古重機買取相場を大きくひと括りにまとめれば、その金額は数十万から数百万です。

 

稼働時間が短く状態が良い方が高く買取されやすく、さらには需要が高いほど査定額も上がりやすいことには違いありません。
 
ですので、需要が高い時や使用しない重機であれば稼働時間が短い状態で買取してもらった方が得だといえます。

 

重機の買取ランキングはこちらへ

中古重機の処分を考えている方へ

中古重機を現金に変えたくないですか?
お金に興味がない方は見ないで下さい

 

中古重機を現金に変えた方法です。

 

関連ページ

重機の耐用年数と買取
バックホー・油圧ショベル・パワーショベル・ショベルカーなどの重機の耐用年数と買取方法についてご説明しています。
過走行の中古重機でも高額査定
長年使用した過走行の中古重機でも査定を行ってもらうと高額査定になる方法を説明しています。
大型特殊自動車の査定
大型特殊自動車の査定を依頼する上で重要になってくるのが、業者選びになります。ここでは、お得な業者選びのポイントを説明しています。
フォークリフト
重機の中でもフォークリフトは人気があります。ですから、売却時に高い査定額が見込まれるものです。ここでは中古フォークリフトでも買取価格をアップさせるポイントをご紹介します。

ホーム
トップページ トラック査定・売却の必要書類 トラック査定のポイント トラック買取業者のメリット