トラックを処分するにはどうしたらいいの?

トラックを処分するには?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

トラックを処分すると決めたら、まずチェックしておきたいことがあります。

 

それは廃車手続きと処分時に欠かせないのが書類です。

 

 

トラックを廃車する際には、下記の書類が必要になります。

所有者の印鑑証明書(発行日から3ヵ月以内のもの)
 
所有者の委任状(所有者の実印の押印があるもの)
 
車検証
 
ナンバープレート (前後面の2枚)
 
手数料納付書
 
一時抹消登録申請書
 
自動車税・自動車取得税申告書

 

 

 

自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が違う場合は、以下のものも必要になります

 

【個人所有の場合】

住所が異なる場合
住民票(発行日から3ヵ月以内のもの)
 
氏名が異なる場合
戸籍謄本(発行から3か月以内のもの)
 

 

 

【法人所有の場合】

履歴事項全部証明書(商業登記簿謄本)

 

 

【廃車を業者等に依頼する場合】

重量税還付申請用委任状(永久抹消用)
 
委任状(一時抹消用)
 
譲渡証明書(売却処分する場合)
 

 

 

トラックの永久抹消登録と一時抹消登録

 

トラックを廃車にする場合、運輸支局に抹消登録が必要になります。
それには2通りの方法があります。

 

 

永久抹消登録一時抹消登録の2種類です。

 

 

永久抹消登録
 

永久抹消は必ずトラックを解体処理し、書類上も復活はありません。
そのためこのトラックに二度と乗らないという方は永久抹消をしてください。
本当の廃車の届出となります。
 
手続き完了後は公道で走らせることができません

 

 

 

一時抹消登録
 

将来誰かに譲り渡す可能性がある場合に行う手続きです。
車検と自賠責保険を切ってナンバープレートを返納、書類上で廃車する事となります。
 
手続き完了後は公道で走らせることができない。

 

しかし、中古車新規登録の申請をすれば走らせることができます。
 
※一時抹消登録を行うと、自動車税や自賠責保険を支払う義務がなくなります。

 

 

 

 

一時抹消と永久抹消の還付金とは?

 

抹消登録した場合、既に払った自動車税、自動車重量税、自賠責保険は還付される場合があります。

 

 

一時抹消登録の場合

 

自動車税、自賠責保険が還付されます

 

 

永久抹消登録の場合

 

自動車税、自動車重量税、自賠責保険が還付されます。

 

 

このような、廃車手続きを自ら行うとなると、必要書類をそろえたり、
時間をとって運輸支局に足を運んだりと面倒となってきます。

 

自動車リサイクル料金、解体費用、抹消登録手続き費用、などの費用がかかります。

 

 

しかし、トラック買取業者に依頼することで、このような手間とお金はかからず、それに加え予想もしない金額で買い取ってくれるかもしれません。

 

 

まずは、一度オンラインの一括無料査定サービスを使ってみるといいですよ。


ホーム
トップページ トラック査定・売却の必要書類 トラック査定のポイント トラック買取業者のメリット