トラックを廃車するまでの流れ

トラック・軽トラックを廃車にするまでの手続き

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

廃車の流れ
 

ディーラーや中古車販売店に車の引取りをしてもらう。

もしくは自分で業者まで持っていく

 

 

解体業者に処分してもらう

 

 

廃車手続きに必要な書類等を準備する(廃車に必要な書類まとめ

 

トラックの場合 運輸支局に出向く

軽トラックの場合 軽自動車検査協会に出向く

 

 

トラックの場合

 

運輸支局での手続きの流れ

 

 

書類を揃える

抹消登録申請書(OCR第3号様式)
手数料納付書   

 

ナンバープレートを返却
 
自動車を解体した時に、解体屋さんから渡された自分のナンバープレートを返却します。

 

 

窓口で書類一式を提出
 

「抹消登録証明書」といる書面が渡され自動車の廃車手続きは終わりです。

 

一時抹消登録の場合、再度車を登録する際に、
この抹消登録証明書が必要になるので、大切に保管しておいてください

 

 

廃車手続き完了
 
 

 

自動車税事務所で自動車税の抹消申告を行う。(運輸支局の同じ敷地内)

 

加入している保険会社に連絡して自賠責保険の解約手続きを行う。

 

自動車の廃車手続きを行った、翌月から、
年度末(3月)までの自動車税が月割りで返還されます。

 

 

 

軽トラック廃車から自動車税還付までの流れ

 

軽自動車検査協会での手続きの流れ

 

 

書類を揃える

一時的な廃車の場合は、「自動車検査証明書交付申請書
永久的な廃車の場合は、「軽自動車検査返納届

 

 

入手した申請書に車検証の内容を記入

 

ナンバープレート返却

 

 

廃車手続きが完了
 

完了すると軽自動車検査証返納確認書又は、自動車検査証返納証明書が交付されます。

 

軽自動車の廃車手続き後に、再度軽自動車を登録して公道を走行する場合等は、これらの書類が必要になるので、大切に保管しておいて下さい。

 

 

 
 
軽自動車を廃車した翌年度から自動車税の納付書が送られてこないように手続きを行う
 

トラックの場合には、廃車時期に応じて支払い済みの自動車税が還付されます。
しかし、軽自動車税に関しては年払いのため、還付はありません。

 

 

 

但し自賠責保険料は、普通車の廃車手続きをした時と同様に自賠責保険の有効期間が残っている場合は、残存期間に応じて返還されます。


ホーム
トップページ トラック査定・売却の必要書類 トラック査定のポイント トラック買取業者のメリット