トラックの廃車手続きを自分で行う方法

トラックの廃車手続きを自分で行う方法

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

トラックを廃車にする場合、自分で手続きを行う場合外部に依頼して手続きを行ってもらう場合の2通りがあります。

 

 

今回は自分で廃車手続きを行う流れについて説明していきます。

 

まず、トラックを自分で解体業者まで持っていく

 

トラックを解体業者により処分してもらう

 

※ほとんどの解体業者は廃車手続きを自分で行わなければいけない

 

自分で廃車手続きに必要な書類等を準備する

 

トラックの場合?運輸支局に出向く

 

軽トラックの場合?軽自動車検査協会に出向く

 

 

 

トラックの抹消手続きと自動車税

 

廃車手続きには『一時抹消登録』『永久抹消登録』があります。

 

以下に説明していきます。

【 一時抹消登録の流れ 】

 

ナンバープレートや必要書類等を揃える。

 

管轄の運輸支局で一時抹消登録の申請を行う。

 

登録終了後以下の3つの申請が必要な場合があります。

 

一時抹消登録後に解体を行った場合は、解体届出の申請が必要です。

 

一時抹消登録後に所有者を変更する場合は、所有者変更記録の申請が必要です。

 

一時抹消登録後に再使用を行う場合は、中古新規登録の申請が必要です。

 

一時抹消を行う運輸支局の業務時間は、平日のみとなっておりますのでご注意下さい。

 

 

一時抹消登録では2度の抹消登録を行わなければいけません。
そのため、時間と手間がかかります。

 

 

後日、自動車税が月割り計算で(4月を基準に)還付されます。

 

 

自賠責保険の保険期間が一定期間以上残っている場合は、保険会社に申請を行うことで残りの保険期間に相当する保険料の還付を受けることができます。 

 

 

トラックの場合、自動車税の納税金額は 「トラックや乗用車の用途・総排気量・最大積載量・乗車定員」等によって異なります。

 

 

「営業用(事業用)車」であれば課税時に優遇されるため、「自家用車」と比べて低額となっています。

 

 

手間がかかる一時抹消登録にする訳

 

解体業者によっては解体に時間がかかる場合があります。

 

 

その間に月をまたぐと、月締めである自動車税の還付金が少なくなるため、一時抹消登録を済ませておく必要があります。

 

【 永久抹消登録の流れ 】

 

トラックの解体処理が終了。

 

ナンバープレートや必要書類等を揃えて、管轄の運輸支局で永久抹消登録の申請を行う。

 

 

しかし、解体後15日以内に永久抹消登録と呼ばれる手続きを行なう必要があります。

 

 

後日、自動車税が月割り計算で(4月を基準に)還付されます。
車検が一定期間以上残っていた場合は、重量税の還付を受けることができます。

 

 

トラックの廃車にかかる費用はいくら?

 

トラックの廃車を考えた時には以下のような費用が必要となります。

スクラップ代 3万円程度
引き取り代 3万円程度
車両リサイクル料金(小型〜大型トラック) 8700円〜14000円
廃車手続き代 350円

 

 

平成17年1月1日に自動車リサイクル法という法律が施行され、自動車を廃車する場合は、車ごとに決められた自動車リサイクル料金を支払うことが義務付けられました。

 

 

解体業者までレッカー車で運ぶとなると引取り代が最大3万円ほどかかります。

 

 

自力走行ができない状態で自動車保険が切れている場合は、引取りを依頼することとなりますが、一時抹消登録の場合ですと、自分で運転して運ぶと費用を節約することができます。

 

 

解体料金(スクラップ代)については、業者に車を買い取りしてくれるように交渉してみれば、無料にすることもできますので、まずは、トラックを廃車する前に業者に確認してみましょう。


ホーム
トップページ トラック査定・売却の必要書類 トラック査定のポイント トラック買取業者のメリット