中古ミキサー車を買取してもらうには

コンクリートミキサー車を買取って欲しい場合

ミキサー車は荷台部分にミキシング・ドラムがあり建設現場や土木現場まで生コンクリートを運ぶ貨物自動車のことをいいます。

 

別名:生コン車やアジテータ・トラック、トラック・アジテータ、アジ車とも言われています。

 

寸法としては

小型車3t 積載容量1.5?
小型車4t 積載容量2.0?
中型車5〜7t 積載容量2.5~3.5?
大型車10~11t 積載容量5~5.5?

 

などがあります。

 

ミキサー車(アジテータ・トラック)を売りたい場合

 

ミキサー車のような特殊自動車を売りたいと考えた場合は買取業者があります。
買取業者といっても、BIGMOTORなどの普通自動車買取店からトラック専門の買取業者まであります。

 

ミキサー車の買取 

 

やはり、その中でトラック専門業者に査定してもらったほうが高く買い取ってもらえる傾向があります。

 

その場合、書類も必要になります。

 

必要書類一覧はこちらにまとめています。

 

ミキサー車の人気車種として

・日野
・三菱ふそう
・UDトラックス

 

この3社が人気で査定時にプラス評価も望めます。

 

 

ミキサー車の構造と特徴

 

 

ミキサー車を売りたい

 

構造としてはドラム、ホッパ、シュート、水タンクの役割があります。

 

ドラムは生コンクリートを入れて常に回転させて、生コンが分離しないようにミキシングフレームという内部の羽でかき混ぜています。

 

故障しやすい箇所としてはドラムに穴が開いてしまった場合やミキシングフレームがすり減ってしまった場合などがあります。 

 

ホッパは車両の後ろ側にある、生コンクリートの投入口をホッパと言います。
シュートは生コンクリートの排出口を言います。
前後左右上下方向へ簡単に微調整できます。

 

水タンクの役割としてはドラムに溜まった生コンが固まらないうちに水タンクに入っている水で洗浄します。
生コンは積載して90分以内に使うという事が決められています。
水の貯蔵は約100リットル

 

トラックの買取ランキングはこちらへ

中古ミキサー車でも買い取ってくれる理由とは・・

中古ミキサー車(アジテータ・トラック)を現金に変えたくないですか?
お金に興味がない方は見ないで下さい

 

こちらが中古ミキサー車を現金に変えた方法です。

 


ホーム
トップページ トラック査定・売却の必要書類 トラック査定のポイント トラック買取業者のメリット