年式が古い日野トラックを廃車買取するには!

日野トラックを廃車にする方法と費用とは?

日野トラックの廃車方法には、自分で行う、もしくは業者に頼むといった2つの方法が考えられます。

 

それぞれについて、費用に関しても交えつつ解説しましょう。

 

一時的に日野トラックを乗らないだけとするのも稀でしょうから、完全に廃車にする、もしくは手放すということで話を進めます。

 

 

トラックを解体業者でスクラップしてもらう際の費用

 

日野トラックを自分で廃車するには、ナンバープレートを外し解体業者でスクラップしてもらった上で、陸運局にて永久抹消登録します。

 

廃車までの流れはこちらに詳しく説明しています。

 

 

まずはスクラップしてもらうことが必要となりますから、最初は解体業者のお世話になるでしょう。

 

申請書にスクラップした記録、具体的には移動報告番号解体通知日を記入する必要があるからです。

 

スクラップに掛かる費用としては、リサイクル料金と引き取り費用を加えたもので、業者によっては作業代が別途発生するかもしれません。

 

リサイクル料金は多くても2万円ほどです。

 

引き取りのレッカー代は業者によっても移動距離によっても変わるでしょうから一概にいくらと言えませんが、0から数万といったところでしょう。

 

作業代が発生する場合には1万から2万といったところでしょう。
これも業者次第と言う他ありません。

 

既にリサイクル料金を納めた日野トラックであれば引き取り費用や作業代だけで済みますし、
無料でレッカーや作業してくれる業者であれば0円でスクラップが叶うでしょう。

 

多くても廃車に10万を超えることはないはずです。

 

 

 

業者に頼む場合には方法により代行料も差が出る

 

 

日野トラックをスクラップした後、ナンバー管轄の陸運局にて永久抹消登録の廃車手続きを進めます。

 

その際に掛かる費用は申請書の用紙代くらいで、100円程度で済むでしょう。

 

自分で日野トラックの廃車を行う場合の費用をまとめれば、100円から数万といったところです。

 

廃車手続きを自分で行う場合の手続き

 

一番安く済む場合はリサイクル料の支払いが必要なく、なおかつ解体作業に伴う費用も掛からない場合で、申請書の用紙代だけで済みます。

 

業者に頼み代行してもらう場合には、プラスして代行費用が生じることでしょう。

 

代行費用はやはり業者によりまちまちですが、2000円から多くても1万円以内でしょう。

 

ただし、廃車したい日野トラックを買取してもらうという形であれば代行料も大抵は0円です。

 

業者に日野トラック廃車を代行してもらうつもりであれば、買取業者に持ち込むのも賢い考えかもしれません。

 

日野トラックの廃車でも、解体した後にナンバー管轄の陸運局で永久抹消登録の手続きをすることには変わりありません。

 

その費用総額は場合により100円から数万となり、業者に代行してもらうのであれば2000円から1万円プラスとなるでしょう。

日野トラックを廃車する前に見て欲しい内容

日野トラックを現金に変えたくないですか?
お金に興味がない方は見ないで下さい

 

こちらが日野トラックを現金に変えた方法です。

 


ホーム
トップページ トラック査定・売却の必要書類 トラック査定のポイント トラック買取業者のメリット